美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.11.09 運動・スポーツ

ゴルファー必見! ドライバーの飛距離を伸ばす骨ストレッチ

ゴルファー必見! ドライバーの飛距離を伸ばす骨ストレッチ

冬が近づくにつれて寒さや厚着で体が十分に動かないというゴルファーもいると思います。そこで、準備運動に取り入れたい、肩甲骨の動きが柔らかくなって飛距離を伸ばせるという簡単な骨ストレッチをご紹介します。

プロは肩甲骨が柔らかい

からだ通

飛距離を伸ばすためには肩甲骨の動きを柔らかくすることが重要とのこと。男子世界最年少での優勝記録を持つプロゴルファーの石川遼選手や、日本プロ野球界の最速投手である大谷翔平選手は、肩甲骨がとても柔軟なんだとか。肩甲骨の可動域を広げる骨ストレッチは、まずゴルフクラブを肩に担ぎ、両手の親指と小指をくっつけます。

・石川遼選手は肩甲骨が柔らかい!?

骨ストレッチで足も速くなる!?

からだ通

クラブを担いで指をくっつけたまま、上半身を左右に6回(左右交互に1回ずつを3往復)倒します。これだけで肩甲骨と骨盤の連動性が高まり、ヘッドスピードがあがって飛距離が伸びるとのこと。さらに、肩甲骨と骨盤の連動がスムーズになると、走る・投げる・蹴るなどのスピードも速くなるんだとか。メジャーリーガーのイチロー選手も骨の動きの重要性を自ら発見したそう。

・スピードアップのカギは肩甲骨と骨盤の連動

骨ストレッチで肩こり・腰痛も解消!?

からだ通

「骨ストレッチ」は、元アスリートであるスポーツケアトレーナーの松村卓(たかし)氏が考案した、骨にアプローチするストレッチ。その効果はスポーツのパフォーマンスが上がるだけでなく、姿勢が良くなり肩こりや腰痛も解消されるんだとか。


わずかな時間で簡単に行える「骨ストレッチ」。ゴルフドライバーの飛距離が伸びるだけでなく、肩こりや腰痛にも効いて身のこなしが軽やかになるそう。肩甲骨の動きを柔らかくして、ケガをしにくい体で楽しいラウンドを!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *