美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.08.26 からだを作る食

健康的な所作美人になるために! 体をサビさせない食材&レシピ

健康的な所作美人になるために! 体をサビさせない食材&レシピ

美しい所作のためには健康管理にも気を配りたいもの。体調が優れない時は立ち居振る舞いも乱れがちに。いつでも元気でいたいけれど最近疲れやすい……と感じる人は、体がサビついているのかもしれません。体調不良や老化の引き金となる体のサビは、食事でケアできるんだとか。いつまでも美しくあるために、体のサビの原因とその予防としてオススメされている食材&レシピをご紹介します。

体をサビさせる活性酸素

ほうっておくと鉄がサビるように、私たちの体も酸化によってサビつき、老いていくようです。その原因は細胞を酸化させる活性酸素にあるんだとか。 呼吸するたびに体に生じる活性酸素は、必要以上に増えると体の細胞を酸化させてしまい、老化の原因になるとのこと。 活性酸素はストレスや疲労、食生活の乱れからも発生するんだとか。食事で抗酸化作用のある栄養素を摂り込むことで、体を活性酸素から守れるようです。

抗酸化作用が高いβ-カロテン

緑黄色野菜などに多く含まれると言われるβ-カロテンは、強力な抗酸化作用があるんだとか。

緑黄色野菜の他に、果物のマンゴーやビワもβ-カロテンが豊富なんだそうです。にんじんやかぼちゃ、ビワなどの抗酸化作用がある食材を活用すれば、体のサビつきを防げるかも。そこで抗酸化作用に注目したレシピをご紹介します。

にんじんを使った抗酸化サラダ

からだ通

抗酸化力が強いと言われる食材で作るサラダ。にんじんのβ-カロテンをはじめ、トマトのリコピン、くるみのビタミンEなども抗酸化作用が認められているんだとか。ごまは体内の活性酸素を取り去ってくれるとのこと。

からだ通

にんじんとトマトに調味料を和えたらお皿に盛り、チーズを振りかけます。チーズはパルメジャーノチーズやカッテージチーズなどお好みのもので良いとのこと。チーズには発育のビタミンと呼ばれるビタミンB2が含まれており、ビタミンEの抗酸化作用を助けてくれるんだとか。

ワインビネガーや粒マスタードの酸味が効いており、しっかりとした味付けで生のにんじんを美味しくいただけるそうです。

かぼちゃを使った抗酸化スープ

からだ通

β-カロテンが豊富なかぼちゃを使ったスープ。鍋に水2Lを沸かせて、そこに皮を向かずに食べやすいサイズに切った野菜(キャベツ1/4個、にんじん1本、玉ねぎ1個、かぼちゃ1/4個)と、お好みでにんにくや生姜を入れるとのこと。水1Lで作る場合は材料を半分にすれば良いそうです。

からだ通

野菜を煮こむことで、スープに老化を防ぐ抗酸化作用のある成分が溶け込むんだとか。このスープを体が栄養を吸収しやすい食事のはじめに飲み干すのがコツなんだそう。

野菜の甘味がスープに溶け込むので、調味料を使わずに美味しくいただけるんだとか。ヘルシーなうえに調理が簡単なので、日々の食事に取り入れやすそう。

ビワを使った抗酸化スムージー

からだ通

ビワとバナナ、ヨーグルトで作れるお手軽スムージー。ビワは古代より漢方としても使われており、抗酸化作用が高いと言われています。

からだ通

ミキサーがスムーズにまわるように、ビワは種をとり、バナナは一口大にカットすると良いみたいです。ミキサーの一番下にヨーグルトを入れるのも上手く混ざるポイントなんだとか。

バナナは食物繊維が豊富で、ヨーグルトは腸内環境を良くして免疫力を上げてくれると言われています。生ものなので出来上がったらすぐに飲むのが良いそうです。

 

日頃のストレスや疲れなどで体内の活性酸素が必要以上に増えると、体がサビて体調不良や老化を招くそう。できることなら、健康的な所作美人を目指していつでも若々しく元気でいたいもの。いつもの食事に抗酸化作用のある食材を取り入れて、体のサビつきを予防してみると良いかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *