美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.12.18 姿勢

東京五輪に向けて着物女子になろう! ふだん着物の着付け

東京五輪に向けて着物女子になろう! ふだん着物の着付け

2020年の東京オリンピックに向けて日本文化を世界に発信する動きが高まる中、着物にも注目が集まっているようです。着物というとかしこまったイメージがあるかもしれませんが、半幅帯(はんはばおび)を使ったスタイルならカジュアルに楽しめるそう。お買い物や小旅行にもオススメなんだとか。ふだん着物が広まればさらに着物女子が増えるかも? そこで今回は、知っておくと役に立つふだん着物の着付けを紹介します。

2020年東京五輪の参加国をイメージした着物発表会

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、世界各国をイメージした着物を作るプロジェクトが進行中。2016年10月30日に東京都内で開かれた発表会では、53カ国の着物が披露されたそう。

・東京五輪に向けて「KIMONO PROJECT」

ふだん着物の着付け

vaporvapor

着物を着る時はまず、身につけるものを全て、腰をかがめずに掴めるところに置いておきましょう。
下着の上に長襦袢(ながじゅばん)を着たら、襟が詰まらないように肩線を少し後ろにずらすのがポイントです。

・「長襦袢(ながじゅばん)」とは

vaporvapor

長襦袢の襟がバストの上にくるようにして紐を結びます。紐は中央で結ぶと胃に負担がかかるので、左の方にずらして結ぶと良いでしょう。

vaporvapor

長襦袢の上に着物を着ます。着物の後ろの縫い目がお尻の真ん中にくるようにして裾をあげ、ウエストの上あたりで着物をおさえながら、左襟が上にくるように前を重ねます。


vaporvapor

腰紐を真っ直ぐウエストに巻いて、中央より左で結び、余った部分は紐の中におさめてすっきりとまとめます。


vaporvapor

腰紐を結んだら、前で重なった布がだぶつかないように整えましょう。中の布を三角に折り上げると、すっきりとまとめることができます。
また、背中にシワが寄らないように、後ろを左右に引っ張って整えましょう。


vaporvapor

次は帯の前に伊達締めです。後ろで片方を折り曲げて巻きます。

・「伊達締め(伊達巻き)」とは

vaporvapor

前で2回結び、それをくるっと逆さにして、余った部分を横の伊達締めの中に2回通します。さらに余った部分は綺麗に折り曲げて、巻いた伊達締めの上から中に入れます。


vaporvapor

伊達締めを巻き終えたら、背中に寄ったシワを伸ばして、だぶつく布は脇に折り込んで綺麗に整えましょう。


最後に好きな帯をつけて完成。口紅やかんざしは着付けが終わってからつけましょう。
帯の結び方はいろいろ。こちらの動画では、半幅帯(はんはばおび)を使って「貝の口」と「矢の字」の良いとこ取りができるという「Yの字」結びを取り入れています。
半幅帯はふだん着物などと合わせてカジュアルに使う帯で、結び方も様々なアレンジを楽しめるとのこと。

・帯の種類と格:「半幅帯」

帯の結び方いろいろ~半幅帯で「貝の口」結び

男女問わない半幅帯の結び方「貝の口」は、椅子にもたれることもできるので、車を運転するときや小旅行にもオススメとのこと。

・男女問わずオススメの「貝の口」

半幅帯で「立て矢(矢の字)」結び

半幅帯を使って凛と華やかに、女性らしく仕上げるなら「矢の字」とも呼ばれる「立て矢」結び。羽根を大きく広げるなどのアレンジで、個性を出したり表情の変化を楽しめるそう。

・小粋で華やか!「立て矢(矢の字)」

半幅帯で「Yの字」結び

「貝の口」と「矢の字」をアレンジした「Yの字」結びもオススメです。

いろいろな種類の着物や帯を楽しんでみたいという人は、レンタルを活用してみるのも良いかも。浅草では1年間に何度でも着物をレンタルできる年間パスポートを発行しているとのこと。

・着物レンタル年間パスポートプラン(浅草愛和服HP)はこちら


着物はフォーマルなシーンだけでなく、カジュアルに着こなしてお買い物や海外旅行を楽しむというのも粋ですね。TPOに合った帯の種類と結び方がありますが、ふだん着物ならカジュアル用途の半幅帯を使い、好みの結び方で良いそう。気軽にお気に入りの柄の半幅帯をコーディネートして、街歩きを楽しんでみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *