美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.12.27 姿勢

所作美人になれる手土産の渡し方②~玄関先で失礼する編

所作美人になれる手土産の渡し方②~玄関先で失礼する編

何かと忙しくなりがちな年末年始ですが、1年の締めくくりや始まりにこそ感謝の気持ちや心遣いを忘れないようにしたいですよね。新年にはビジネスの挨拶回りや、知人へのお年始回りなど、お世話になっている方のところへ訪問する機会も増えるでしょう。そこで今回は、忙しい相手に配慮して玄関先で失礼するときの手土産の渡し方のポイントを、長野県須坂市のゆるキャラかんなちゃんによる実践動画とともに紹介します。

事前約束のポイント

からだ通

年始の挨拶は、一般的に関東は1月7日、関西は1月15日までに行うのが良いとされています。事前に必ず相手へ連絡を入れてアポイントを取り、その際に当日は挨拶のみで失礼する旨を伝えておきましょう。そして当日は長話にならないように用事を済ませたら失礼します。雨の日の場合、傘は玄関内に持ち込まずドアの外に立てかけて、衣服などに付いた水滴はあらかじめ取っておきましょう。

・年始の挨拶はいつまで?

・雨の日の訪問

好印象な手土産のセレクトと渡し方

からだ通
からだ通

持参した手土産を袋から出して、手土産の向きが相手から見て正面になるように差し出します。 「気持ちばかりの品でございますが、どうぞご笑納くださいませ。」などと言葉を添えて渡しましょう。

・喜ばれる手土産の中身

「謹賀新年」入り名刺が活躍

からだ通

始めと終わりのお辞儀も大切です。長居ができない分、こうしたところで丁寧に気持ちを込めましょう。
ビジネスの挨拶回りで相手が急用などにより不在となった場合は、手土産と一緒に「謹賀新年」と朱印した名刺を置いていきます。

・不在の場合は謹賀新年の朱印をした名刺を

・ドアを閉める時の注意


一年間の感謝を伝えたり、健やかに新年を迎えるためにも、気持ちのよい挨拶とマナーは大切です。ゆるキャラかんなちゃんのように、訪問時に心得ておきたいポイントをおさえておけば、心に余裕を持てて美しい所作と自信にも繋がりそう。新年の挨拶回りで玄関先で失礼する場合は、長居できない分、最後のお辞儀まで丁寧に気持ちを込めて行いましょう。

∞関連記事∞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *