美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.11.12 姿勢

所作美人になれるお菓子の食べ方

所作美人になれるお菓子の食べ方

ポテトチップスなどのカジュアルなお菓子を楽しむ時に、ボロボロこぼしたり、むさぼるように食べる人を見たことはありませんか? もともと上品な食べ物とは言えないお菓子をつまむ時こそ、その人の品格が現われるかもしれません。
そこで、元ファッションモデルにして今では正しいウォーキングの仕方やビジネスマナーを教えている本田愛子先生に、「所作美人になれるお菓子の食べ方」について伺いました。

お菓子の持ち方

訪問先などで出して頂くこともあるお菓子。
上品に食べるコツは、お菓子の持ち方と食べるペースにあります。

上品なクッキーの持ち方
クッキーやチョコレートを持つ時は、豪快に掴むのではなく角をそっと持って頂くようにすると綺麗に見えます。

vaporvapor

上品なポテトチップスの持ち方
一方、ポテトチップスは両サイドを持つと割れやすいため、端をちょこんと持つ方がベター。

vaporvapor

NGな食べ方
顔を上にあげてお菓子を口に放り込むような食べ方は美しくないのでNG。

vaporvapor

また、お菓子に触れてべたついたままの手で、物や人を触らないようにしましょう。最低限のマナーとして、手をきちんと綺麗にすることが大切です。

お菓子を食べるペース

ポテトチップスやクッキーなど、一度に2つも3つもほおばるのはもってのほかですが、口にお菓子を含んでモグモグしている状態で次の一枚に手を出すのも、所作美人としてはNG。
むさぼるような食べ方は、太る食べ方でもあります。

例えば、海軍の士官は船の中で食べ物を口に入れたら飲み込むまで、一度フォークとナイフを置かなければいけないそうです。これは太らないことを大事にしているから。早食いの人もそうですが、満腹を感じる前に食べてしまうのは太る原因の一つです。

さらに、背筋を伸ばして正しい姿勢で食べるようにすると、消化にも良く、自然と所作もエレガントになるでしょう。ちょっとしたことを心がけて、お菓子も上品に頂いてみてはいかがでしょうか。

本田愛子 プロフィール
元ファッションモデル、マナー講師、料理研究家、ペーパークラフト作家。
モデルの経験を活かし、ヤングからミドル、シニアまで幅広い層に向けて「正しいウォーキング」や「テーブルマナー」、「トータルコーディネート」の会を主催。
生き生きとした過ごし方を目指して、「歩く、着る、話す、装う、飾る、食べる」などに関する講師として活躍している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *