美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2016.10.22 姿勢

正しい姿勢で幸せホルモンが増えて笑顔美人に!?

正しい姿勢で幸せホルモンが増えて笑顔美人に!?

別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、増えると幸福感を与えてくれるという神経伝達物質「セロトニン」。分泌が足りないと様々な不調のきっかけになるそうです。健康美人でいるためにも不足しないように心がけたいところ。そこで、セロトニンの働きと増やすためのポイントをご紹介します。

セロトニンの働きと姿勢の関係

からだ通

ストレスをやわらげ幸せを感じやすくすると言われるセロトニンは、筋肉を刺激して姿勢を正す働きもあるんだとか。また、猫背だった体勢から背筋を伸ばすことでセロトニンが分泌されるとのこと。肩が前に出ると猫背になりやすいので、肩を開くことを心がけると良いそうです。

・セロトニンの働きと姿勢の関係

セロトニンが不足すると

からだ通

セロトニンが不足してしまうと、不眠やうつ病のきっかけになるそう。毎日を気持ちよく過ごすためにも美姿勢を心がけて、セロトニンの分泌を促してはいかがでしょう。姿勢を正すコツとして簡単なストレッチをご紹介します。腕を体の横におろしたら、手のひらを内側から前、外側へと回します。これだけでも肩の関節が開いて姿勢が正され猫背の解消に効くとのこと。

・セロトニンが不足するデメリット

セロトニンを増やす呼吸

からだ通

肩を開いて姿勢を正すと、空気を吸い込める範囲が広がって深い呼吸ができるとのこと。そしておへその下にある「丹田(たんでん)」を意識して呼吸すると、セロトニンがより放出されるようです。

・丹田呼吸法



セロトニンを増やすストレッチ

からだ通

肩を開くことに慣れ、体を反らして手で足首を掴む「ラクダのポーズ」が出来るようになると、猫背や肩こりの解消にも効果的なんだとか。お尻を落とさないようにして、しっかりと呼吸することがポイント。さらに、首をグルグル回すストレッチをプラスすると、肩こり解消やセロトニンを増やす効果がアップするかも。

・首のストレッチでセロトニン分泌



セロトニンを増やす食事

からだ通

セロトニンを増やすために美しい姿勢と深い呼吸をマスターしたら食事も意識してみませんか?

・セロトニンをつくるトリプトファンを含む食べ物



日頃、だるい、おっくう、めんどくさいといったように気分が沈みがちな人や寝つきの悪い人は、幸せホルモン「セロトニン」が不足しているのかも。姿勢を正すとセロトニンが分泌されて、セロトニンが増えると自然と背筋が伸びて幸せな気分になるという好循環が生まれるそうです。美しい姿勢を心がけて、毎日を気持ちよく過ごしてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *