美しくなることは楽しい!「からだ通(からだつう)」は、正しい姿勢・美しい所作が身につく、美と健康に関する情報をお届けするサイトです。
2017.01.23 ヘルスケア

30秒のCM中にキレイに差をつける美活①~巻き肩リセット編

30秒のCM中にキレイに差をつける美活①~巻き肩リセット編

寒さの厳しい冬、猫はこたつで丸くなれても、私たちがすると健康美が損なわれてしまいますよね。でもつい、だらけてしまう・・・そんな人に向けて、TVを見ている時にも気楽に出来てキレイに差がつく美活シリーズのお届けです。今回は、放っておくと肩こりや垂れ胸を招き、さらには寿命を縮める原因になるとも言われている「巻き肩」の危険性と予防・改善ストレッチを紹介します。

現代病のひとつ「スマホ巻き肩」に注意!

からだ通

巻き肩とは、肩が前方にのめり込んでいる状態のこと。肩こりや全身の歪みを引き起こしたり、呼吸が浅くなるなど様々な危険が潜んでいるそう。
普段よく腕を組んだり、横向きで寝る癖のある人は巻き肩になりやすいんだとか。
また、デスクワークでパソコンにかじりついて、猫背や前傾姿勢になりがちなビジネスパーソンも要注意。
そして最近では、スマホを見ているときの姿勢が原因になる「スマホ巻き肩」の人も多いとのこと。

・「スマホ巻き肩」に気をつけて!

巻き肩セルフチェック

からだ通

鏡の前で肩の力を抜いて立ちましょう。鏡に少しでも手の甲が映ったら、巻き肩の可能性あり。
また、姿勢を良く見せようと胸を張っていることで一見巻き肩かどうか分かりにくい「隠れ巻き肩」タイプもいるそうです。

・「隠れ巻き肩」に要注意

巻き肩は美バストの大敵!

からだ通

巻き肩の原因である“筋肉が縮こまった状態”を放っておくと、血流が悪くなり、バストに必要な栄養も行き届かなくなるので胸にハリがなくなって垂れ下がってしまうんだとか。
ストレッチで巻き肩を予防・改善していきましょう。

・巻き肩が貧乳・垂れ胸を加速!?

巻き肩で寿命が縮む!? ストレッチで予防・改善しよう!

からだ通

【巻き肩の予防・改善ストレッチ】
頭のうしろで手を組んで、そのまま頭を後ろに倒します。頭を倒すときに、ヒジも後ろへ引いてキープしましょう。
※頭を倒すときに首を傷めないように、勢いをつけたり無理をしないようにしましょう。首に痛みや違和感のある人は控えましょう。

胸を広げて筋肉をほぐしてあげると、血流が良くなり、酸素もたっぷり入って代謝アップにも繋がるそう。逆に巻き肩を放っておくと、呼吸が浅くなって酸素が不足し、細胞が死滅して寿命が縮む原因にもなるんだとか。

・命に関わる!? 巻き肩の恐ろしいデメリット


巻き肩は見た目の印象が悪いだけでなく、美容と健康の大敵。デスクワークやスマホ操作、睡眠時などに巻き肩になりやすい姿勢をとりがちな人は、ストレッチをして肩を正しい位置にリセットしてあげましょう。毎日数秒スキマ時間に行うだけでも、キレイに差がつくかも!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *